Loading...

Loading...

製品情報

ペリオスチン測定試薬

研究用試薬

品名 Periostin ELISA Kit (Human)
統一商品コード 326070442
規格 96回
貯蔵方法 2~8℃
有効期間 2年間

使用目的

  • ヒト試料中のペリオスチンを定量するためのELISAキットです。
  • 本品は研究用試薬です。診断や治療目的では使用できません。
  • ご使用に際しては使用説明書をよくお読みください。

使用例

  • ヒト血清、血漿のペリオスチン濃度の測定
  • ヒト体液(涙液、硝子体液、肺胞洗浄液、鼻腔洗浄液、喀痰など)のペリオスチン濃度の測定
  • 培養細胞上清中のペリオスチン濃度の測定

キットの構成

製品コード:326070442 Periostin ELISA Kit (Human)

抗ペリオスチンモノクローナル抗体結合マイクロプレート 1枚(96ウェル)
HRP標識抗ペリオスチンモノクローナル抗体 1本(凍結乾燥品)
標準品(リコンビナントペリオスチン) 1本(凍結乾燥品)
陽性コントロール品 1本(凍結乾燥品)
検体希釈液 1本(100mL)
標識抗体溶解液 1本(12mL)
発色液A 1本(6mL)
発色液B 1本(6mL)
反応停止液 1本(12mL)
5倍濃縮洗浄液 2本(100mL)
プレートシール 2枚

キットの特長

  • 高感度:希釈後ピコグラムオーダーで検出が可能です。(定量限界:20pg/mL))
  • 低バックグラウンド:ブランク吸光度が0.05Abs以下です。
  • 高特異性:類似タンパク質(βig-h3)と交差反応しません。
  • 交差反応性:動物種(マウス、ウシ、イヌなど)のペリオスチンと反応しません。
  • 測定に必要な試薬をセットにしています
    プレートウォッシャー、プレートリーダーはお手持ちのものをご使用ください。

測定原理

抗ヒトペリオスチンラットモノクローナル抗体(以下、抗ペリオスチン抗体)とペルオキシダーゼ(HRP)を標識した抗ペリオスチン抗体を用いたサンドイッチ酵素免疫測定法(ELISA;enzyme-linked immunosorbent assay)を原理としています。

測定手順

一次反応:
抗ペリオスチン抗体を結合させた固相ウェルに希釈検体を加え、検体中のペリオスチンを固相化抗体と特異的に結合捕捉させます。
二次反応:
次にHRP標識抗ペリオスチン抗体を加えて、抗原抗体複合体を形成させます。
発色反応:
この複合体に発色剤を加えて青色の呈色反応をさせます。
次に反応停止液を加えて反応を停止させ、青色から黄色へ変色させます。
測定:
その後、450nmにおける吸光度を測定します。得られる吸光度は、検体中のペリオスチン量を反映しているので、その吸光度を標準液の吸光度と対比することにより検体中のペリオスチン濃度を測定します。

測定仕様

使用目的 ヒト試料中ペリオスチンの定量 (研究用試薬)
測定対象 ヒトペリオスチン
測定方法 サンドイッチELISA
固相化抗体 モノクローナル抗体
標識抗体 HRP標識モノクローナル抗体
対象検体 血清、血漿(EDTA、クエン酸、ヘパリン)、肺胞洗浄液、鼻腔洗浄液、涙液、硝子体、喀痰、培養上清
検量線範囲 0 ~ 2 ng/mL
定量限界 20 pg/mL
一次反応 25℃ 18~24時間
二次反応 25℃ 90分間
特異性 マウスペリオスチン:< 0.3%、ヒトβig-h3:< 0.3%
保管 2~8℃

製品に関するお問い合わせ先

株式会社シノテスト カスタマーサポート

  • TEL:0120-66-1141
  • FAX:042-753-1892

periostin_info@shino-test.co.jp

受託検査に関するお問い合わせ先

株式会社シノテスト サイエンス・ラボ

  • TEL:042-718-3027
  • FAX:042-753-7995

ssl@ssl-inc.co.jp

https://www.ssl-inc.co.jp/

ペリオスチン受託検査のご案内

弊社内の登録衛生検査所 シノテスト サイエンス・ラボ(SSL)にて、ペリオスチン又はペリオスチンモノマー(Periostin ELISA Kit (Human)又はMonomeric Periostin ELISA Kit)を使用しております。
お客様の検体を検査することで、ペリオスチン研究をサポートさせていただいております。1検体から受託しており、お気軽にご相談ください。